スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    シャープ SHDD(スロットインハードディスク) VR‐SHD100の増設と感想2

    ブルーレイレコーダー comments(0) trackbacks(0) kooblog

     

    前回、シャープのBD-T1500に別売りのスロットインハードディスク 「VR‐SHD100」を増設しましたが、それから少し使ってみて思った感想です。

     

    まず、SHDDに録画した番組とHDDに録画した番組を一緒に混ぜて、同じブルーレイディスクへダビングすることが出来ません。

     

    SHDDに録画した番組、例えば、あるドラマの1〜5話と、HDDに録画したあるドラマの6〜12話などを同じブルーレイディスクにまとめてダビングしようとしてもそれが出来ません。

     

    SHDDからブルーレイディスク、また、HDDからブルーレイディスクへの一方向のみ終わるダビングは出来ますが、同時に混ぜてダビングすることが出来ません。

     

    もし、一緒に保存したかったのに、どちらかに分けて録画してしまった場合は、ムーブ機能で対応できます。

     

    ダビングではなく、ムーブ機能を使うことで、SHDDとHDDの録画番組の移動が自由にできます。※ムーブと言っても、操作は、通常のダビングと同じやりかたで、通常SHDD→ブルーレイというディスクに焼く場合の選択を、録画先をSHDD→HDDに変えて番組ダビングを実行すれば良いだけ。HDDの場合はHDD→SHDDという移動先指定で対応出来ます。

     

    ちなみにムーブとは、ダビング10とか、コピーワンス(ダビング1回)とか、ダビング回数が限られて番組を、回数を減らさずに、移動することが可能の機能です。これによって、番組を移動したらそれ以上ダビング(ブルーレイやDVDへの新たな書き込みが出来ない等)が出来なくなることはありません。

     

    例えば、SHDDに録画した番組をHDDにムーブすると、SHDD側の番組は消えて、HDDへその番組が移動します。逆もしかりで、HDDに録画した番組をSHDDへムーブすると、SHDDに番組は移動し、元データがあったHDD側の録画番組は消えます。

     

    この機能(といっても明確にムーブという概念ではなくほぼダビングと同じ機能ですが)を使うことで、番組を消したり、新たに録画し直したりすることなく移動でき、SHDDやHDD両方に別々に録画してしまったシリーズものの作品などを、どちらか一方にまとめることが出来ます。

     

    ただ、事前に移動する分の空き容量が必要なので、不要な他の番組を消すなり、ディスクに焼くなりして、録画移動先の容量を減らしておきましょう。

     

    またムーブは、録画番組の容量により、多少時間がかかります。基本的には、ダビングする時と同じ位の時間です。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:家具・家電

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM